教育と脳

大島潜居となった西郷吉之助はこの機会に書物を読むことにした。書物を読みすぎると何事に対しても決断できず「迷ってばかりいる人間になる」のではないかと大久保一蔵は心配したが、大久保の父次右衛門は次のように述べた。「そげん人間は、もともとぐずなんじゃ。(中略)書物を読んだおかげで、阿呆になるだけは助かったのよ。すぐれた気象のある者は、書物を読むことによって判断が正確になるが、そのためにぐずなぞにはなりはせん。書物を読んでぐずになるような人間は、はじめからすぐれた気象などなかのよ」[注1] 。

 

11歳の時に知能テストを受け、その後高齢となってからMRI検査を受けた617例(平均年齢72.7歳、46.2%が女性)を対象として、教育期間が長いほど大脳皮質は厚かった(発達していた)という報告がある [Ref. 1] 。有意な相関のあった(両側の)側頭葉、内側前頭葉頭頂葉、感覚野、運動野のうち、11歳時の知能指数で補正すると、教育歴の長さと相関があったのは両側側頭葉上部のみであった。幼少時の知能指数を考慮してこなかったこれまでの報告では、(11歳以降の)教育効果を過大評価している可能性がある。

 

もともと頭の良かったヒトが教育を受けると「とても頭が良く」なる?

 

注1:西郷と大久保(海音寺潮五郎新潮文庫

 

Ref. 1: Cox SR, Dickie DA, Ritchie SJ, Karama S, Pattie A, Royle NA, Corley J, Aribisala BS, Valdés Hernández M, Muñoz Maniega S, Starr JM, Bastin ME, Evans AC, Wardlaw JM, Deary IJ. Associations between education and brain structure at age 73 years, adjusted for age 11 IQ. Neurology 2016;87:1820-1826.