認知症は減少している?!

フラミンガム研究では認知症の「発症率」は近年減少傾向を示していた。その理由は明らかではないが、認知症減少は、「高校卒業以上」の教育歴を持つものに限られていた [Ref. 1] 。英国でも認知症有病率の減少が報告されている [Ref. 2] 。

 

米国の一般住民における認知症の頻度について、2000年と2012年を比較した報告がある [Ref 3] 。どちらの年も平均年齢75歳ほどの約1万人について、電話による認知機能検査を行なった(0-6点を認知症、7-11点を認知機能障害・認知症なし、12-27点を正常とした)。その結果、65歳以上の認知症の頻度は2000年が11.6%、2012年が8.8%(年齢と性別で調整すると8.6%)と約24%減少していた。認知症の減少には、2012年=1(2010年=0)以外では、教育歴や純資産、肥満が、増加には脳卒中や糖尿病が関与していた(二項ロジスティック回帰分析)。

 

最近欧米では認知症が減少しているという報告が目につくが、日本ではどうだろうか?

 

Ref. 1:Satizabal CL, Beiser AS, Chouraki V, Chêne G, Dufouil C, Seshadri S. Incidence of Dementia over Three Decades in the Framingham Heart Study. N Engl J Med 2016;374:523-532

 

Ref. 2: Matthews FE, Arthur A, Barnes LE, Bond J, Jagger C, Robinson L, Brayne C; Medical Research Council Cognitive Function and Ageing Collaboration. A two-decade comparison of prevalence of dementia in individuals aged 65 years and older from three geographical areas of England: results of the Cognitive Function and Ageing Study I and II. Lancet 2013;382:1405-1412

 

Ref. 3: Langa KM, Larson EB, Crimmins EM, Faul JD, Levine DA, Kabeto MU, Weir DR. A Comparison of the Prevalence of Dementia in the United States in 2000 and 2012. JAMA Intern Med 2017;177:51-58