見つけてはいけない

磁気共鳴血管造影による非破裂動脈瘤 [注1]のスクリーニングを一般住民において行なうことは現状では正当化されません。その理由として、(1)一般住民を磁気共鳴血管造影によりスクリーニングすれば約2%に動脈瘤が発見されますが、クモ膜下出血の発症頻度はおおよそ20/100,000/年です。つまり動脈瘤の発見率の高さに比し、クモ膜下出血の発症率が低すぎます。このような低リスク群をスクリーニングすると利益が損失を上回ることは考えにくいのです。(2)非破裂動脈瘤のスクリーニングが正当化される可能性のある高リスク群(1親等以内にクモ膜下出血の家族歴がある群)をランダム化比較試験により行なった(スクリーニングをする群としない群にランダムに振り分ける)研究において、最終的にスクリーニングが有益という結果はでませんでした[Ref. 1] 。(3)偶然発見される小さな(<5 mm)非破裂動脈瘤の破裂頻度は低いことが分かっています[Ref. 2, 3] 。(4)さらに破裂する動脈瘤は急速に増大して比較的小さくてもクモ膜下出血の原因となるという意見がある。つまり破裂動脈瘤の多くと、偶然発見される非破裂動脈瘤の自然歴は異なる可能性があります。以上より、一般住民において磁気共鳴血管造影による非破裂動脈瘤のスクリーニングは現状では正当化されないと結論づけられます。私たちが行なっている脳MRI健診の受診者への説明の文章にも「(磁気共鳴血管造影による未破裂動脈瘤のスクリーニングは有益性が保証されないので)今回の健診では血管撮影は行っておりませんので、小さな脳動脈瘤クモ膜下出血の原因)の検出はできません。」と明記しています。

 

注1:2017年6月に福岡市で開催された脳ドック学会において岡田靖会長は偶然見つかる脳動脈瘤の呼称について、未破裂動脈瘤ではなく、非破裂動脈瘤とすることを提唱しました。私も賛成です。

Ref. 1: N Engl J Med1999;341:1344-1350

Ref. 2: Stroke2010;41:1969-1977,

Ref. 3: N Engl J Med2012;366:2474-2482