減塩後進国 日本

高血圧治療や脳卒中予防において、減塩は非常に効果的です。24時間蓄尿による食塩摂取量測定を行ない、20年以上追跡したTrials Of Hypertension Prevention (TOHP)研究では、食塩摂取量が多いと死亡率は直線的に増加していました。心血管疾患の発症も食塩摂取量が多いと直線的に増加し、野菜や果物の摂取が多いことの指標であるカリウムが多いと直線的に減少していました。日本では2015年より食塩摂取基準が引き下げられ、食塩摂取目標値は1日あたり男性8グラム、女性7グラムに厳格化されました [注] 。しかし、日本人の食塩摂取量は男性14グラム/日、女性11.8グラム/日という報告もあり、日本はいまだ「減塩後進国です。

 

つい最近まで人類の食塩摂取量は1日2グラム以下だったというのに、この惨状はどうしたことなのでしょうか。

 

注:現在はちょっとだけより低い基準となっています。個人的には(そのヒトの食塩摂取量も分からないのに)小刻みに基準を変更する意味はないと考えています。また、男女で基準が異なることも理解できません。一方、高血圧のヒトは食塩6グラム/日未満は必ず知っておく必要があります。