チョコレートと脳卒中

本当のチョコレートは栄養成分表示のいちばん最初に「カカオ」と書かれている。最初に「砂糖」があったら、それはチョコレートではなく、チョコ味をつけた砂糖のかたまりである [注1] 。それでは「本当の」チョコレートは健康に良いのだろうか。

 

スウエーデンの男性37,103例を対象にして、チョコレートの消費量と脳卒中発症について検討した報告がある [Ref. 1] 。1990年代のスウエーデンにおけるチョコレート消費の90%はミルクチョコレートで、カカオ含有量はおおよそ30%であった。チョコレートの有益性(脳卒中の予防効果)は高血圧のない群で著明であった。さらに本研究を含む5つの研究のメタアナリシスでも、チョコレート摂取量最大群では相対危険度は0.81まで減少した(最小量群との比較)。確かにチョコレート脳卒中を予防する効果があるようだが、高血圧などの強力な危険因子を持っているヒトはそちらを先に片づけておくほうがいいだろう。

 

憧れはスリムでSexyなBodyなのに ミントチョコがやめられなかった [注2]

 

注1:「最後のダイエット(p58)」 (石川善樹、マガジンハウス)

 

注2: 作詞 Nokko

 

Ref. 1:Larsson SC, Virtamo J, Wolk A. Chocolate consumption and risk of stroke: a prospective cohort of men and meta-analysis. Neurology 2012;79:1223-1229